女性が女性専用車両内で「ここは女性専用車両。おりろ!」と怒られる

5人組アイドルグループ「おちゃメンタル☆パーティー」の下谷あゆさん(19)が2024年4月25日、電車の女性専用車両に乗っていたところ、乗客から「ここは女性専用車両です!おりろっ!」と怒られたことをXで明かした。

https://www.j-cast.com:443/2024/04/25482379.html

これは単純に「性別を間違われた」というだけの問題ではない。

女性が他の女性の容姿や格好を勝手に判断し、女性に見えなければ特定の場所から排除するという醜い行いなのである。

容姿を『こうあるべき』とし、それに当てはまらないと排除するというのは昨今の社会ではルッキズム(=容姿差別)と呼ばれ、それを受けやすい女性の側が反対してきた差別のはずである。

しかし皮肉なことに多くの人が賛成している「❝女性専用❞車両」というもののせいでこのルッキズムが発露され、加害(差別)する女性と被害を受ける(差別される)女性が出てきているのである。

これが多くの市民が望んだ社会なのか、ルッキズムが発露される公共交通機関が正しい姿なのかよく考えてみてほしい。

そもそも女性専用車両は、「任意協力で男性の乗車を禁止していない」から「差別ではないし違憲でもない」ということで罷り通っているのである。

つまり実際は女性専用ではなく、そういう名前の「誰でも乗れる車両」だから罷り通っているのだ。

だからこそ、鉄道係員や警察ですらも男性客に対して「乗るな」「降りろ」などと命令する権限はなく「運賃さえ払ったら誰でも利用できる」のが前提である。

しかし鉄道事業者は女性専用車両という、本当に強制力があるように勘違いさせるような名前を使用し続けているがために、何も知らないただの乗客が何の権限もないにも関わらず「降りろ!」などと女性専用車両に乗り合わせた男性に命令したりするのである。

つい先日も関西の某テレビニュース番組で「男性が女性専用車両に乗ること自体が迷惑行為で悪」であるかのような印象操作を含んだ放送がなされたのだが、こうしたマスコミによる偏向報道も女性専用車両(と名のつく一般車両)に乗る乗客に対して他の乗客が『乗ってきた人が女性らしい容姿でなければ乗車を認めない』という容姿差別(ルッキズム)や女性客からの暴言・暴力などの誘因になっているかもしれない。

そもそも女性であろうが男性であろうが、何ら違法行為もしていない相手に対していきなり威圧的な態度を取ること自体が大間違いである。

今回は被害を受けた女性の職業がアイドルであり、知名度やそれに伴う影響力の高さからX(旧ツイッター)に被害をポストしたことでそれが大きく拡散され、その結果ネットニュースにもなって明るみに出たわけだが、こういう事案はこの1件のみとは考えにくく、普段からあちらこちらで日常的に起きていると思われる。

アイドルでもなんでもない一般の女性が仮に同じような被害を受けてXにポストしたとしてもほとんど問題にもされないだろうし、場合によってはその「怒り」を受け止めてしまい、次からは自身が女性であるにも関わらず、女性専用車両に乗ることを避けるようになるかもしれない。

「女性専用車両」という車両名のせいでこのようなことが起こるのだ。

こんな事が起きる公共交通機関が正しい公共交通機関のあり方だろうか。よく考えてほしい。

性別を間違われた話ではないが、「女性専用車両」という車両名のせいでトラブルになるという点で言えば、当会でも実際に2023年の3月に大阪メトロ御堂筋線で非協力乗車していたところ、1人の女性客が私達に「お前ら降りろ!」と暴言を吐いてきたため、怒鳴り合いの喧嘩になってしまったことがある。

さらには今年(2024年)2月の神戸市営地下鉄でのケースのように、暴力を振るう女性乗客まで出てきたりもする。

こうなると女性客の方が加害者になり、当然に警察に捕まることになる。

鉄道事業者は「実は誰でも乗れる車両」であるにも関わらず「❝女性専用❞車両」という名前で運行を続けることによって、差別を禁じた憲法に触れないようにしながら「男性が乗車してはいけない」と勘違いさせ、男性が自発的に乗車しないようにして「男性のお客様が自分の意思で協力してくださっているので、強制していませんし差別でもありません」とうまく逃れているのだ。

当会が女性専用車両に男性として敢えて乗るのは鉄道事業者にそうはさせないためであり、乗り合わせた女性客に文句を言ったり抗議したりするためではない。

当会では乗車活動をする際、こちらから他の乗客に話しかける事は原則禁止している。

つまりこちらから先に女性客に抗議したり文句を言ったりすることはない。

当会が女性客に対して強い態度に出るのは、女性客のほうから先に私達に攻撃的な態度を取ってきたときのみである。

時々当会に「乗り合わせた女性客に抗議しても何も変わらないし無駄なだけだとなぜ分からないのか。鉄道会社に抗議するべき」などという批判をする者がいるがこれは完全な的外れであり、こういう批判をする者こそ何も分かっていないと言わざるを得ない。

情報元:

魚拓

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアボタン

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、コメントが当会にご意見・ご回答を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」ページで当会公式の返答として掲載させていただく場合がございます。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示