Q&A

Q&A

入会について

女性専用車両に反対する活動は保守系の活動なのでしょうか?
いいえ、当会は保守系の活動ではありません。
また、当会は保守系団体とは一切関係ありません。
当会には保守・革新(右左)問わず様々な考えのメンバーがいますし、当会に思想の左右はありません。
「女性専用車両に反対する会」の雰囲気は?
当会では女性専用車両の反対運動を行うだけでなく、メンバー同士で仲間としての交流を深め合うことも重視しています。
集会などの後には2次会で飲食しながら楽しい話で盛り上がります。
(もちろん2次会への参加は任意です。)
普段から女性専用車両やその他、「今の世の中の風潮に不満や不快感を感じながらも周囲の人には話せない」という状況にある人も当会の中でならそういうことも話せますし、また自分と同様の考え方を持つ人間が自分以外にもたくさんいるということを実感していただけるのではないかと思います。
当会のメンバーは全員、インターネット等を通じて知り合った人達で、ごく普通の会社員や学生の集まりです。
入会希望の方はどうぞお気軽に入会申し込みフォームよりお申し込みください。
集会ではどのような事をするのですか?
机を囲んで
「女性専用車両を運行している鉄道会社に対してどのように抗議すれば有効か?」
「次の行事(イベント)はいつ行うか?」
など、いろいろなことを話し合います。
入会金や会費は必要ですか?
当会は入会金や会費は一切いただいておりません。
(集会等に参加する場合の交通費や飲食代等は自己負担となります。)
しかしながら、運営していくためにはどうしても運営資金が必要であり、その運営資金は任意募金にて賄われておりますため、会員の皆様には募金をお願いしております。
(募金を強要したり、しなければならない雰囲気はありません。)
反対する会の会則では会員は正会員・仮会員の2種類あり、その他「入会希望者」という区分もあるようですが、会員の区分などについて詳しく教えてください。
説明が長くなるので会員区分について個別に説明していきます。
集会への参加はともかく、それ以外の活動についてはちょっと参加を躊躇っているのですが全て参加しなければなりませんか?
当会では集会の他にもいろいろな活動を行なっていますが乗車会や街頭宣伝活動などについては「集会への参加はともかく、女性専用車両に乗るのはちょっと…」とか「街頭で演説するのは苦手」という方もいらっしゃるかと思います。
また、そうしたことから当会への入会を躊躇っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、当会に入会してそれらに必ず参加しなければならないということはありません。
決して無理にとは申しませんのでその点はご安心ください。
また、街宣にしても必ず演説しなければならないということはありません。
(後ろで旗や横断幕を持って立っているのも通行人にチラシを配ったりするのも街宣活動のうちです)
また、実際の活動には参加できなくても当会の運営(集会の会場確保やHPの編集など)で会に貢献するということも可能です。
女性専用車両には疑問を持っているが実際の活動には参加できそうにないという方はこういう形で当会に参加することも反対運動を後押しする力になります。
入会年齢制限について詳しく教えてください。
会則および、入会申し込みフォームにも書いております通り、当会では15歳から(中学生不可)の入会を認めておりますが、18歳以下(高校生)の方については入会しても活動への参加に一部制限がかかる場合があります。(青少年保護のため)
当会の活動は夜間に活動を行うなど、帰宅が遅くなる場合があります。
よって15歳以下の方(中学生以下)の入会はお控えいただいております。
もう何年も活動されているようですが、特に女性専用車両が減っているわけでもないし、今、自分が入会してもあまり意味がないのでは?
そのようなことは決してありません。
例えて言えば、女性専用車両の反対派と推進派とは綱引きをしているようなものです。
よって、なかなかすぐには状況は動かないのです。
しかも、根気よく常に反対運動を続けていかないと推進派の思う方向に大きく引っぱられてしまいかねません。
逆に言えばこの綱引きに一人でも多くの反対派が参加することによって状況を反対派の有利な方向に持っていくことが出来るということです。
女性専用車両の問題はもともと長期戦になる性質の問題であり、反対運動をしていてもすぐに女性専用車両がなくなったり縮小されたりするわけではないということは予め承知しておいていただきたいと思います。
また、現在活動している反対派のメンバーもいつまでも今と同じように活動し続けることが出来るかというとそうとは限りません。
家庭の事情や遠方への転勤、その他いろいろな理由で途中で活動できなくなってしまう人もいます。
そうなるとますます反対派は不利になります。
よって、常に新しい人の入会は必要なのです。
皆様の入会をお待ちいたしております。
私は女性専用車両に反対ですが、関東や関西・中京地区在住ではないので、反対する会の活動に参加できそうにないため、入会を躊躇っています。
関東・関西・中京以外の地域在住の方でも当会の活動にご参加できるよう、入会申し込み時に当会が別途相談に応じます。
実際に当会の会員には福岡や熊本、北海道の会員も在籍しております。
どうぞ、お気軽にご入会申し込みください。
入会申し込みは こちら
ネットを見ていると「モテない男ども」・「反社会的集団」・「ミソジニスト(女性嫌悪者)」・「性犯罪者(痴漢)予備軍」とか言われていることがありますが本当ですか?
そのようなことはありません。当会の会員は皆差別が許せない者の集まりです。
これらは何の根拠も無い「ただのレッテル貼り」です。
また、ネットで当会のことをそのように書く者は大抵、ネット上で(しかも匿名でしか)モノが言えない人達です。
したがってそういう人間を恐れる必要もありません。
当会は会則にも明記してある通り、あくまでも合法の範囲内でのみ活動する団体であり、意図的に違法行為を行うような反社会的集団ではありません。
また、当会は会の主旨に賛同くださる人ならば性別に関わらず誰でも入会可能にしていることや実際に女性の会員や既婚者の会員も在籍しておることから、当会が「ミソジニスト」というのも完全な的外れです。

よく寄せられる質問

なぜ、痴漢対策に反対するのですか?
私達は決して痴漢対策に対して反対しているのではありません。
言うまでもなく痴漢は犯罪であり、絶対に許されるべきものではありません。
痴漢対策になっておらず、男性対策をして男性差別を引き起こしている女性専用車両に対して反対しているのです。
そもそも、女性専用車両の本当の導入目的は痴漢対策ではありません。
女性専用車両は特定政党の女性票獲得のために鉄道会社に圧力をかけて導入したものですが、世間をうまく納得させ、反対する者を犯罪者予備軍として封じるように「痴漢対策」という理由にして導入しただけなのです。(参考ページは こちら
私達は痴漢対策を隠れ蓑にしているだけで、実際には政治目的に利用されるなど全く別の目的で推進されている女性専用車両に反対しているのです。
痴漢対策のために導入した女性専用車両に反対するとは痴漢に苦しむ女性の気持ちが分からないのか!
ほとんどの方が「女性専用車両は痴漢対策としての効果がある」と思い込んでいますが導入後に痴漢件数が激減した路線は一つもありません。(参考ページは こちら
つまり、多くの方が痴漢対策だと信じ込んでいながら、実は痴漢対策に何ら役立っていない女性専用車両のために防犯カメラの設置など効果的な痴漢対策がおざなりにされているのです。
本当に痴漢に苦しむ女性の気持ちを思うのであれば、効果が得られていない女性専用車両ではなく、埼京線では6割も痴漢を減らした実績のある車内への防犯カメラの設置(報道記事)など性差別に当たらず、より効果的な痴漢対策を講じるべきです。
反対するのは痴漢がしたいからではないか?
時々、このような中傷を受けますが事実はその逆です。
痴漢にしてみれば女性専用車両はむしろ大歓迎なのではないでしょうか。
女性客は全ての車両に乗車していますが女性専用車両の実施時間帯は相対的に他の車両は女性客の割合が低くなるため、少数の女性客を多数の男性客で囲い込む事になり、痴漢は多数の乗客を隠れ蓑にして行われる卑劣な犯罪ですから、むしろ他の車両では痴漢をしやすくなることでしょう。

なぜ、わざわざ女性専用車両に乗ろうとするのか?
私達は女性専用車両の任意性を確認するためにわざわざ女性専用車両に乗っていますが、無理矢理に女性専用車両に乗っているわけではありません。
「誰でも、どの車両でも、差別されず、自由に乗れる」というのが公共交通機関の大原則であり、国も裁判所も鉄道会社も「乗車は任意である」、「男性も女性専用車両に乗れる」と認めているため、その見解に基づいて正当に乗車しているだけです。
したがって、駅員・車掌・女性客らが正当に乗車しているだけの私達を排除する根拠や権限など一切ありません。
抗議をするなら女性専用車両の中でなく鉄道会社本社に行くなど別のところでしたらどうか?
そもそも私達は抗議するために女性専用車両に乗っているわけではありません。
国や裁判所は「女性専用車両は男性客の【任意協力】の上に成り立っているものである」という見解を出しています。
「任意性」が担保され、誰でも乗車が認められている車両に粛々と乗っているだけ(本当に乗っているだけなので私達から声かけすることはありません)なのです。
にも関わらず、国や裁判所の見解を無視して一部の駅員や車掌等が執拗な声かけをしたり、女性客が私達を無理矢理降ろそうとしたりすればこのような不当な行為に対しては問題なのでその場で抗議をするのは当然のことです。
女性専用車両にわざわざ乗り込み、トラブルを起こし、電車を遅延させるな!
私達は国や裁判所や鉄道会社が「男性も女性専用車両に乗れる」と認めているからこそ、正規の運賃を支払い、前述した通り目的地まで粛々と乗車しているだけなのです。
いかなる理由でも粛々と女性専用車両に乗車しただけの男性客が責任を問われることは一切ありません。
にも関わらず、一部の駅員や車両が執拗に声掛けして降車を迫ったり、男性客が移動するまで発車を見合わせたり、女性客が勝手に騒いでトラブルを起こし、駅員を呼んだり、緊急停止ボタンを押したりしているから電車が遅延するのです。
電車を遅延させているのは男性客を追い出す行為を取っている駅員・車掌・女性客らであることは言うまでもありません。

※詳細は こちら を参照願います。


女性専用車両に男性が乗車できないのは当然。「任意」なんて一言も書いてないだろ!
そんな事を言ったらあらゆるところで「任意」とは書いていないのですが…それはおいておいて。
これは鉄道会社が乗客にウソをついて騙し、女性専用ではないのに『女性専用車両』・『女性専用車』という偽装表示を出し続けているために起こった勘違いです。
前述の通り、国や裁判所は「男性も女性専用車両に乗れる」と認めています。鉄道会社も問い詰めれば渋々ながら認めます。
これは憲法14条で性差別が禁止されているため、生まれながらの「男性」という理由だけで特定の車両への乗車を禁ずることはできないからです。
だからこそ、女性専用車両には法的根拠がなく、「任意」でしかないのです。
しかし、女性専用車両が「任意」だという本当の事実を告知してしまうと、男性客が多く乗り込んで女性専用車両が成り立たなくなってしまうため、鉄道会社は女性専用車両が「任意」だという事実を一切出さずに隠しています。
そして、何の落ち度もない善良な男性を実質強制的に排除しているのです。
法律云々なんかどうでもいい。女性専用車両に男性が乗るのはマナー違反だ!
「男性は女性専用車両に乗るべきでない」というルールもマナーも日本には存在しません。
国も裁判所も鉄道会社もそんなことは一言も言っていません。一部の賛成派が勝手に言っているだけです。
日本は法治国家ですので「憲法>法律>政令>条例>ルール>マナー」という絶対的序列があるのは当たり前のことです。
当然ながら憲法14条に違反するルールやマナーなどつくれないので存在しません。
女性専用車両なんだから乗り込んだ男性を降ろすのは当然だ!
国や裁判所も女性専用車両に男性が乗ることを認めているのですから女性専用車両から男性を降ろそうとした場合、刑法223条の「強要罪」に問われる可能性があります。
降ろすときに強く腕を引っ張れば刑法208条の「暴行罪」、その際に怪我を負わせれば刑法204条「傷害罪」に問われる可能性があります。
つまり、あなた自身が犯罪者となるのです。
鉄道営業法34条に「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」として罰金を取ると書いてあるではないか!
これは旧憲法(大日本帝国憲法)時代にできた法律であって、現憲法(日本国憲法)に反する条項ですので憲法98条(憲法に反する条文は効力を有さない)によって効力を有しません。
国土交通省も「女性専用車両は『婦人ノ為ニ設ケタル車室』に該当しない」と回答しています。
なお、蛇足ではありますが「婦人」の定義は成人した女性を指すために女性専用車両を『婦人ノ為ニ設ケタル車室』とすると女子(女子は逆に未成年の女性を指す)が乗車できなくなるため、それこそ痴漢対策としては本末転倒になります。

当会は男性専用車両の導入を認めません。
男性専用車両の導入は女性専用車両を肯定することになるためです。


女性専用車両の廃止を訴えるより、むしろ男性専用車両の導入を推進すべきではないか?
男性専用車両を訴えるということは女性専用車両の存在を認めることになります。
「女性専用車両があるなら、男性専用車両も導入すべき」というのは「目には目を、歯には歯を」の発想で、双方が差別されるという差別が2つに増えるだけで、差別がなくなるどころか悪化させることに繋がり、根本的な差別解消にはなりません。
そもそも専用車両というのは「女性用」の場合も「男性用」の場合も法的には存在し得ないので、結局誰でも乗れる車両であることは変わらない事実なわけで「男性専用車両を導入すべき」と言うのはあり得ない主張なのです。
女性専用車両が痴漢対策になるのと同様に男性専用車両は冤罪対策になるから必要では?
「女性専用車が痴漢対策になる」というのは真っ赤なウソであるのと同様に「男性専用車が冤罪対策になる」というのも真っ赤なウソです。
なぜなら、男性専用車両を導入しても他の車両に女性も男性も乗っているのですから他の車両で痴漢も冤罪も起きるだけだからです。
かといって公共交通機関において全ての車両を男女別に分けることは当然ながらできるはずがありません。
女性は差別されているのだから優遇して当然ではないか?
もし「女性が差別されている」という事実があれば、その差別を解消すべきではないでしょうか。
何の関係もない電車内で女性を優遇しなければならない合理的理由はどこにもありません。
仮に「Aの差別があるからBで優遇しよう」を行えば、「Bで優遇しているのだからAの差別はそのままでいい」という差別の固定化にもなってしまうわけで差別の解消がされなくなるか、より一層遅れる原因にもなってしまいます。
また、「これまで女性が差別されてきた」という理由づけ、すなわち、過去の女性差別を問題にする場合も同様で「連帯責任論」(注1)や「江戸の敵は長崎で」的な理屈は通用しません。
過去の差別を現代の人間に負担させることは未来にさらなる差別を生み出す、差別のいたちごっこになる原因にもなります。差別は断ち切らねばなりません。
女性は弱者なのだから、優遇して当然ではないか?
「女性=弱者」ではありません。
にも関わらず、世間はおろか警察までもが「女性は弱者」と勝手に決め付けています。
だから女性の曖昧な発言だけをを全面的に信用して何の罪もない男性を勝手に犯罪者にしてしまうという冤罪が後を絶たないのです。
それこそ、「女性は弱者」という考えこそが女性を男性と対等に見ず、女性を見下している女性差別ではないでしょうか。
当然に弱者には男性にもいますし、弱者でない女性もたくさんいます。
女性専用車両のせいで今や弱者の男性よりも弱者でない女性を優遇するというとんでもない世の中になってしまいました。
(実際に女性専用車両に乗ったお年寄りや障がい者が追い出される事例も発生している。)
性差別である女性専用車両ではなく、誰でも気兼ねなく利用できる「思いやり車両」と改称すべきではないでしょうか。
たかが1両、大した差別ではない。なぜ、大騒ぎするのか?
差別する側、差別に賛成する側が「たかが1両」、「大した差別ではない」などと言っても何の説得力もありません。
その「差別」が「大した差別でないのか、大した差別なのか」は差別される側が訴え、公平に決めることなのです(注2)。

注1:仮に過去に差別があったとしてもその差別の責任を今の人間に負わせるのは筋違いである。
また、「痴漢は男が悪い」などと、個人のしでかしたことで男性全体を非難するのも同じく、筋違いである。

注2:ただし、もし裁判になればその判断は当然、裁判官に委ねられる。

タイトルとURLをコピーしました