女性専用車両で当会会員に暴行した女性客が現行犯逮捕される

当会の会員が神戸市営地下鉄西神・山手線の女性専用車両に非協力乗車をしていたところ、女性客から暴行を受けたため警察に通報した結果、女性客が逮捕されるという事件があった。

2024年2月17日(土)夕方、当会会員が伊川谷駅から三宮駅まで移動中、途中の名谷みょうだに駅到着間際に20代くらいの女性客が「ここは女性専用車両です」と言ってきた。

会員が「法律はないです」と答えたところ、その女性客は突然その会員に対し、髪の毛を引っ張ったり、顔辺りを数回殴ったりしてきた。

そのため、当会会員が車内非常ボタンを押下し、列車は非常停止。そしてそこへ駅係員が到着した。すぐさま会員は駆けつけた駅係員に被害を話し、警察を呼ぶよう要請した。

会員は被害届を出すため、被疑者(女性客)と会員は降車した。

電車は約5分遅れで名谷駅を発車した。

今回は女性客がすんなり降車に応じたため約5分の遅延で済んだが、こういうときに女性客は降車に応じないことが多く、そのせいで遅延が大きくなることが多い。

当会でも過去に取り上げた事件(女性専用車両反対運動がネット上で大きな話題に。テレビでも取り上げられる。)では記事に書いてまではいないものの、女性客が降車を拒否して結果として電車の遅延が増大している。(差別ネットワーク会員談)

今回の事件では、会員はその後も駅係員に対し警察を通報するよう言ったが「内容を聞いてから」などと言われ、通報してもらえず、結局会員自身が110番通報した。

そのまま駅改札のところまで行き、その女性客は駆けつけた警察官により暴行容疑で現行犯逮捕された。

今回、このように会員が警察に通報するよう要請したにも関わらず、駅係員がその場で警察に通報しなかったため、会員が110番通報したことなど、駅係員の不適切な対応も目立った。

(この名谷駅の駅係員の対応について後日、別の会員が抗議したところ、名谷駅によれば「業務用携帯は持参しておらず、今回のような緊急時は駅事務室に戻って業務用携帯、固定電話で通報する」とのことであった)

これでは、名谷駅の駅係員は「女性専用車両内で発生した事件なのに、かつ男性が被害者で女性が加害者であることで、にわかには信じられなくて躊躇いが生じて通報を躊躇したのか」という疑念も湧いてしまう。

その後、会員と女性客の双方が警察署に移動し、警察官が会員に「どのような理由で女性専用車両に乗っていたのか」を聞いてきた。なぜかというと「逮捕にもなっていることだし、供述調書を書く時に必要だから」とのこと。

本来であれば現場が女性専用車両だからといっても所詮は誰でも乗れる車両なのだからその車両に乗った理由をわざわざ言う必要のないことではあるのだが、警察の要請ということで正直に回答した。

結局、会員は年配の警察官から「女性客は泣きながら深く反省しており、女性専用車両に(実は)男性が乗れるという説明も受け、さらには『二度とこういうことはしません』という内容の誓約書も書かせた」ということを告げられ、『寛大な処分』をお願いされたので、会員も「そういうことでしたら」と応じた。

今回は被害男性が当会会員で色々『わかっている』ため『寛大な処分』を受け入れたが、暴行した相手が当会会員でなく、それこそ厳しい方だった場合は『寛大な処分』に同意せず、きっちり被害届が出され、女性客には刑事罰が課されることになったかもしれない。

女性客は今回の暴行について「男性が女性専用車両に乗っていることに腹が立ってやった」と供述していたとのこと。

しかしながら先述の通り、女性専用車両は任意協力であり、裁判所も過去に「女性専用車両は任意で誰でも(男性でも)乗れる」と判決を下している。

だからこそ「女性専用車両は差別ではないし違憲でもない」ということになっているのである。「痴漢対策だから差別ではない」のでは決してない。

また、「男性が乗っているから許せない」といって暴力を振るうのなら、外見上では分からない身体の不自由な男性やその介助者の男性も鉄道会社の『乗れる人の案内』に入っているわけだから、当然乗っておられるし、そういう男性にも暴力を振るうことになる。

そもそもとして、『腹が立ったから暴力に訴えた』というのは『短絡的思考の野蛮人』であって、法治国家の社会の一員であるならば誰であっても暴力に訴えることはしてはならない。

その意味でも今回の女性客の行動は非難に値するのである。

今回の事件、直接の加害者はその暴力を振るってきた女性客であるが、よくよく考えればそこが『女性専用車両』という車両名の車両でなかったならば会員に暴行なんてしなかっただろうと思われる。

この女性客だけでなく(実は男性も乗れるのに)「女性専用車両」と表示している鉄道会社にも責任がある。

「女性専用車両」の表示のせいで「男性は乗れない」と勘違いしている人は多いであろうし、男性が乗車禁止であるかのように見せかけている鉄道会社によって、今回のような犯罪行為が誘発されたと言っても過言ではないだろう。

つまり、見方を変えれば女性客も鉄道会社に見事に騙されている被害者であると言えよう。

よってこのような車両はすぐにでも廃止するべきである。

情報元:

当会会員による報告

※動画は当日の録音(画像はイメージです)

当会代表の名谷駅への電話での事実確認

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアボタン

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、コメントが当会にご意見・ご回答を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」ページで当会公式の返答として掲載させていただく場合がございます。

37 コメント
古い順(昇順)
新しい順(降順) 「いいね」の順
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示