JR西日本、新設の通勤特急に女性専用席の設置を発表

JR西日本は、2019年春からJR神戸線(東海道・山陽線)大阪~姫路間で運行する通勤特急、「らくラクはりま」に女性専用席を設置すると発表した。

JR西日本では、2007年に大阪から北陸方面を結ぶ特急「サンダーバード」と、京都と南紀方面を結ぶ特急 「くろしお」に女性専用席が設置されているが、それに続いてのこととなる。

女性専用席というと「防犯対策」・「車内で犯罪を犯す者がいるから仕方がない」・「反対する者は被害者の気持ちを考えていない」などと思いこんでいる者が多いが、サンダーバードとくろしおの女性専用席は防犯対策としての意味合いはほぼ無い、ただの女性優遇サービスである。

これは、今回の「らくラクはりま」も同様であろう。

2007年当時、特急サンダーバード車内で起きた、女性に対する暴行事件の直後にサンダーバードとくろしおに女性専用席が導入されたので、事件を受けての防犯対策だと思いこんでいる者も多いのだろうが、当時のマスコミ記事によれば、JR西日本は「もともと女性客の希望があり、サンダーバードでの事件と専用席は直接関係ない」 などと説明していたとのことである。(情報元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000923-san-soci 現在はリンク切れ)

つまり、JR西日本は「サンダーバードでの事件に便乗」 して「集客効果を期待した、女性優遇サービス」 としての女性専用席を「防犯対策に見せかけて」 導入したことになる。

すでにご存知の方も多いかと思うが、JR西日本は社員による痴漢や盗撮、さらには女性に対する暴行といった性犯罪が後を絶たない。

比較的最近でも、兵庫県のJR立花駅の駅務室で酔っぱらった女性客に駅員が乱暴したというニュースがあるが、2008年には滋賀県のJR野洲駅付近で当日非番だったJR西日本の車掌が通学途中の女子高生に刃物を突き付けて脅し、公衆トイレの中に連れ込んで下着を脱がせるなどといった、大変悪質な事件も発生している。

(野洲の事件の情報元 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081218/crm0812181523012-n1.htm 現在はリンク切れ)

(立花駅の事件の情報元 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34661570Y8A820C1CC1000/ 現在はリンク切れ)

そんな会社が、女性専用車両や女性専用席に大変熱心なわけである。

そしてその導入理由が「防犯対策」ではなく、営利目的であることはここまで述べてきた通り。

これでは「女性を守るための防犯対策なのだから男性差別ではない」などと言っても通らない。

鉄道は「公共交通機関」である。

たとえ防犯対策であったとしても、女性専用〇〇のようなものは可能な限り設けるべきではないのだが、ましてや「営利目的」で人間が生まれ持った自らの意思でどうすることも出来ない、人種や性別といった「属性」で特定の者に不利益を被らせるなど、絶対にあってはならないことである。

情報元:

JR神戸線に通勤特急がデビューします!

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました