女性専用車両反対運動がネット上で大きな話題に。テレビでも取り上げられる。

当会と協力関係にある市民団体、差別ネットワークが2月16日に実施した東京メトロ千代田線での非協力(任意確認)乗車会の模様などが、ネットで大きな話題となり、
そのことがきっかけとなって、後日のJR京浜東北線での任意確認乗車会なども含め、女性専用車両反対派の活動が、いくつかのテレビ番組に取り上げられるなどして、波紋を呼んでいる。

発端は2月16日に差別ネットワークが実施した、東京メトロ千代田線での任意確認乗車会の際、乗車しようとした差別ネットワークのメンバーに対し、女性客が手を出して乗車を阻止したため、差別ネットワークのメンバー達と口論、さらに周囲の他の女性客が騒ぎ出して、騒ぎが大きくなり、警察沙汰になったというもの。
もちろん、最初に手を出した女性客が悪い(暴行罪)わけだが、その女性客は、周囲の他の女性客が騒いでいる間に、どさくさに紛れて逃走してしまったらしい。結局、出動した警察の要請で非常停止ボタンが押され、電車が遅延した。そして、ネット上では女性専用車議論がにわかに活発化し、様々なサイトにこの一件が取り上げられることとなった。

さらに、2月22日には同じ差別ネットワークがJR京浜東北線で実施した乗車会で、こちらは女性客による「降りろコール」が起き、これらの模様が、
動画サイトで広く公開され、「まるでイジメのようだった」などの意見が続出。そして、ネット上では女性専用車両についての議論がさらにより一層、活発化することとなった。

そうした中、いくつかのテレビ番組でも、差別ネットワークの活動が取り上げられることになった。そのうちの一つ、2018年2月27日放送の、テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」では、当日の乗車会の模様(動画)を紹介した後、当日乗り合わせた女性客、そして、差別ネットワークの兼松代表にそれぞれインタビューしていたが、紹介のされ方としては、「女性専用車両があるから安心して乗れるのに、男性がいると恐怖」みたいな感じで、どうも全体的に男性側が悪者であるかのような感じだった。

そこを、女性のコメンテーター(弁護士)が、「女性専用という名前だが、実は男性も乗れる」・「痴漢する男性はごく一部なのに、成人男性をほぼすべて排除するようなことをしているから、男性対女性の対立構図になってしまっている」・「痴漢を減らす効果があるかは疑問」・「痴漢加害者のケアも必要」というような、「まともなコメント」をしてバランスを取っているという感じだった。

その後も、TBS「ビビット」や、フジテレビ「グッディ」・「バイキング」など、いくつもの番組で今回の件が取り上げられたが、「痴漢対策」という理由(当会はこれを建前だと主張している)を全く疑わないのはもちろん、「バイキング」では番組に出演した弁護士が、「女性専用車両は強制できる」などと、とんでもない発言をしたり、また「グッディ」では、番組のある出演者が反対派のことを「ちっちぇえ男」などと、侮辱ともとれる発言をしたりするなど、かなり問題のある取り上げ方をした番組が多いように見受けられる(このうち、「グッディ」については、ドクター差別こと兼松氏によると、番組のディレクターから、「アナウンサーがバランスを取る役目をするはずだったのに、不十分だった」として、謝罪があったとのこと)。

まあ、テレビで堂々と、「女性専用車両は、一部の政党や政治家が、女性票集めのために推進している側面がある」とか、「痴漢対策と言いつつ、実際は料金が割高な、女性専用車両限定広告などで鉄道事業者が利益を得ており、痴漢対策は建前」
などとは言いにくいだろうが、そうした面が世間に知れ渡れば、女性専用車両反対派や、女性専用車両そのものに対する世間の見方もかなり変わってくるだろう。しかしながら今回、女性専用車両は「専用」と言いつつ実は「任意協力」でしかないということは、さらに広く世間に知れ渡ったのではないだろうか?

当会も、差別ネットワークも、痴漢対策自体は否定しない。しかし、そもそも女性専用車両では痴漢が減っていない上、政治目的や鉄道事業者の商業目的に利用されており、また、そんなもののために公共交通機関の一車両から、男性の高齢者や障がい者といった、男性の弱者が事実上排除されてしまっているのも事実。

痴漢対策自体は否定することなく、女性専用車両が、何が何でも存続させなければならないものか、改めて考え直す機会になればと思う。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました