JR西日本の女性専用車両内の鏡面広告を今年度限りで廃止の予定

JR西日本の女性専用車のドアには鏡が設置されており、時折その下に、主に女性向けの広告が掲出される。

当会がこれまで、「JR西日本の女性専用車は痴漢対策とは言えない。そもそも痴漢対策に鏡が必要なのか?」 等と批判してきたものだが、この度、この鏡面広告が今年度(2014年度)限りで廃止となることが判明した。
これは、JR西日本の子会社で、広告媒体を担当するJR西日本コミュニケーションズが、当会会員の問い合わせに対して、明らかにしたもの。

同社によると、「ミラー広告については、女性専用車両にご乗車される女性のお客様の利便性向上を目的として掲出しておりましたが、ご利用の実態を踏まえ、来年度からは取りやめる予定です。ご理解をお願いいたします」とのことである。

単に、「鏡が利用客からあまり利用されていなかったから」なのか、(主に反対派による)「鏡面広告に対する批判の声が大きくなってきたから」なのか、取りやめの理由については定かではないが、見方によっては、「痴漢対策に鏡が必要なのか?」・「女性専用車は痴漢対策ではない」という批判をかわすための取りやめと見ることも出来なくはない。

情報元:当会会員による問い合わせ

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました