カテゴリートップ - トップページ

2012年8月〜10月
女性専用車両についての意識調査

当会では、友好団体「差別ネットワーク」が実施した「女性専用車両」についての意識調査に協力し、各種活動時に調査を行いました。
ここで、その結果を報告いたします。


「女性専用車両」についての意識調査

最終結果報告



         「NPOまつり」で調査実施

この結果は、以下の鉄道事業者に提出済です。(2012年11月13日現在)

●JR東日本
●京王電鉄
●東急電鉄
●小田急電鉄
●東京メトロ
●横浜市交通局


調査期間   2012年8月から10月にかけて
調査場所   街頭演説する駅前、集会場所、ブログによる呼びかけ、「NPOまつり」など
調査対象   「女性専用車両」について知っている人
調査団体   差別ネットワーク(協力:女性専用車両に反対する会、男性差別を許さない市民の会)
回答数     109人



質問1 あなたの性別は?

@男性   86人(79%)
A女性   23人(21%)

(注1)性別に偏りがありますが、意図したものではなく、回答していただいた人に(たまたま)男性が多かった、ということです。


質問2 あなたは、「女性専用車両には、法律上及び運送契約上、男性も乗れる」とご存知ですか?

@知らなかった   59人(54%)
A知っている    50人(46%)

(注2)「NPOまつり」(9月29日)でアンケートに協力してくれたのは(たまたま通りかかった)ごく一般の人たちですが、一方、「NPOまつり」以外(=街宣時や集会時等)にアンケートに協力してくれた人たちは、どちらかと言えば「女性専用車両」に関心のある人たちが多く、「NPOまつり」でアンケートに協力してくれた人たちよりも「女性専用車両に(一般の)男性も乗れる」と知っている人が多かった可能性があります。実際、結果を見ると、「NPOまつり」でアンケートに協力してくれた「40人」の回答結果と、「NPOまつり」以外でアンケートに協力してくれた人たち「69人」の回答結果には、以下のような大きな違いが見られました。

●NPOまつりでの回答結果
@知らなかった   30人(75%)
A知っている    10人(25%)

●NPOまつり以外(=街宣時や集会時等)での回答結果
@知らなかった   29人(42%)
A知っている     40人(58%)


質問3 「質問2」で「A知っている」と答えた50人にお聞きしますが、いつ頃、「男性も乗れる」と知りましたか?

@導入された時    14人(28%)
A数年前        22人(44%)
Bつい最近       12人(24%)
C不明          2人(4%)


質問4 「質問2」で「A知っている」と答えた50人にお聞きしますが、どうしてお知りになりましたか?

@鉄道会社の人から聞いた     2人(4%)
Aネット情報で知った         24人(48%)
B街頭演説を聞いて知った     3人(6%)
C家族・友人・知人から聞いた   7人(14%)
Dその他                10人(20%)
E不明                  4人(8%)

(注3)予想はしていたことですが、「(一般の)男性も乗れる」という事実を「鉄道会社(の人)から聞いた」という回答が、アンケートをしてもらった「109人中2人」からしか返ってこなかったのは、由々しき事態です。「消費者基本法5条」からしても、鉄道会社は、「(一般の)男性も乗れる」という事実を利用者に周知する責務があります。


質問5 あなたは、「女性専用車両」に乗ったことがありますか?

@乗ったことがある    男性40人(47%)    女性16人(70%)
A乗ったことがない    男性45人(52%)    女性7人(30%)
B不明            男性1人(1%)      女性0人(0%)


質問6 あなたは、「女性専用車両」に乗りたいですか?

@乗りたい         男性23人(27%)    女性15人(65%)
A乗りたくない       男性57人(66%)    女性7人(30%)
Bその他          男性2人(2%)      女性0人(0%)
C不明            男性4人(5%)      女性1人(4%)

(注4)「女性専用車両」には、「乗りたい」という男性は少数派で、「乗りたくない」という男性が多いのですから、「(一般の)男性も乗れる」と告知したところで、「男性がドッと乗り込む」ということにはならないでしょう。また、「乗りたい」という男性に対しては、安心して、なおかつ、安全に乗れるように、利用者に「(一般の)男性も乗れる」とキチンと告知して、女性乗客とのトラブルを避けるようにすべきです。


質問7 鉄道会社は、「男性も乗れること」を利用者に伝えるべきだと思いますか?

@伝えるべきだと思う    男性71人(83%)   女性19人(83%)
A伝える必要はない     男性15人(17%)   女性4人(17%)


質問8 鉄道会社は、名称・表記を「女性優先車」、「思いやり車両」等に変えるべきだと思いますか?

@変えるべきだと思う    男性68人(79%)   女性16人(70%)
A変える必要はない     男性15人(17%)   女性6人(26%)
Bその他            男性3人(3%)     女性1人(4%)

(注5)質問7の「男性も乗れると利用者に伝えるべき」には、男女とも80%以上の人たちが賛成、質問8の「名称・表記を変えるべき」には、男性の80%弱、女性でも70%の人たちが賛成しています。鉄道会社は、この「事実」を真摯に受け取り、利用者の声を今後の運営に反映させていただきたいものです。

 なお、当会のスタンスとしては、「女性専用車両」には問題が多く、廃止(=原状回復)が最終目的でありますが、最大の妥協をするとして、@名称・表記を改める、A「(一般の)男性も乗れる」と告知した上で、男性の理解と(任意の)協力を仰ぐ、B男性乗客に対して「女性専用」と思わせるような紛らわしい声掛けをしない、「女性専用」と思わせるような紛らわしい車内アナウンスをしないC「痴漢対策」と言うのであれば痴漢被害に遭う女性が「女性専用車両」に優先的に乗るように誘導のアナウンスする、などが条件になります。これらの条件が満たされないのであれば、改善が見られないのであれば、私らとしては「廃止」を主張せざるを得ません。

報告:差別ネットワーク代表 兼松信之(ドクター差別)

女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

カテゴリートップ - トップページ