名古屋市交通局・東山線女性専用車両拡大告知ポスター・ステッカー貼り出される

名古屋市営地下鉄東山線の女性専用車両が4月から完全終日化されることについて、現在、名古屋市営地下鉄の駅構内などに、終日拡大告知ポスターが貼り出されている。
また、車両のステッカーは、現在の実施時間帯(始発~9時・17時~21時)と、「4月1日から拡大 平日の始発から終発まで」という文言の両方が併記されたものになっている。

東山線の女性専用車両が(痴漢対策ではなく)公明党の要請によって終日化されるということは、当会HPの「活動報告」(2015年1月・名古屋市交通局への意見書提出の報告)の中で詳しく記したとおりだが、実は前回、2008年に当時朝だけだった女性専用車両が夕方にも拡大された際、交通局がそれを告知するためのポスターなどを作成する費用1000万円を含む予算案を市議会に提案していたことをご存知だろうか?(これは2008年3月12日付の中日新聞が報じたもの)

女性専用車両を一度拡大すると、これだけの費用が掛かるのである。しかもその出所は言うまでもなく市民の税金である。そしてそんなものが、実際には公明党の意向による拡大だが、表向き「痴漢対策」で体よくまかり通っているのだ。

今回は先にも述べた通り、車両ステッカーについては、「現在の実施時間帯と、拡大後の時間帯を併記したもの」を使用している。つまり、すでに一度貼り替えられているわけだが、4月1日以降、再度貼り替えられるということであろう。ということは今回、東山線のすべての女性専用車両ステッカーが、枚数にして「2倍」作られているということであり、その分経費も大幅にアップしていると思われる。そして、また繰り返しになるが、その出所は「市民の税金」なのである。

ネットなどでは、「(女性専用車両は)男女差別だ」との声も聞かれるが、それだけではない。
本当は、こういうところにも名古屋市民は怒らなければならないのだが、マスコミ報道が「痴漢対策」一色では、本当のことを知る人はほとんど無いだろう。

情報元:当会名古屋地区会員からの報告
2008年3月12日付 中日新聞

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました