阪急電鉄「宝塚線への女性専用車両拡大は人にやさしい魅力ある鉄道サービス」

この一つ下の記事でも述べられているとおり、阪急が3月から宝塚線に女性専用車両を設置すると発表したが、今回の設定について、阪急電鉄ではHP上に何と、

「女性専用車両」の導入が、「人にやさしい、魅力ある鉄道サービス」を実現するためのサービス水準向上の一施策であると考え、このたびの宝塚線のダイヤ改正にあわせて・・・(中略)・・・「女性専用車両」を設定します。

などと記載し、女性専用車両を痴漢被害が深刻なための「やむを得ない措置」ではなく、「サービス水準向上のための一施策」であることを堂々と明かしている。

女性専用車両は当初、「深刻化する痴漢被害から女性を救うための緊急的措置」として設定されたが、当初から終日実施する路線が存在するなど、本当に痴漢対策なのか、疑わしい面はあった。

しかし、女性専用車両が設定され始めてから10年余りが過ぎ、大都市近郊路線ならどこでも女性専用車両が当たり前のように存在している状態が既成事実になると、このように平然と、「やむを得ない措置」ではなく、「ウケ狙い」の施策であることを公言するようになってきたのである。

(これは阪急電鉄に限った事ではなく、先日(2015年1月)女性専用車両拡大に関するアンケートを取った福岡の西鉄も、CS(顧客満足度)向上アンケートと称して、女性専用車両の拡大の是非を問うていた)

当会が過去、くり返し述べているとおり、「公共交通機関においては同じ運賃を支払えば誰でも公平に利用できる」のが大原則である。
しかし、「痴漢対策」と称して女性専用車両を導入しておきながら、年数が経って、女性専用車両が当たり前のようになってくると、このように、公共交通機関の大原則を完全に覆しておきながら平気で、「サービス向上のための施策」などと公言してくる。

つまり、「女性専用車両が痴漢対策である」と世間が信じきっているのを良いことにしているのである。

阪急電鉄は、同じ運賃を支払って電車を利用している男性客の立場をどう考えているのであろうか、そして、「痴漢対策だから」と女性専用車両を認め、協力している男性客の心配りを、こうした発表をすることによって完全に踏みにじっていることに気がついているのだろうか。

もちろん、痴漢対策でも何でもない、「ただの女性優遇」・「鉄道事業者のイメージ、CS(顧客満足度)向上策」 (実際にイメージ・CS向上につながるかどうかは別にして)である女性専用車両に協力する必要など、微塵もない。

なお、阪急電鉄は昨年(2014年)5月に当会会員が、「人にやさしい、魅力ある鉄道サービスの、”人”というのは女性客のことのみを指すのか」・「男性客も含めて”人”というのなら、女性専用車両が男性にどうやさしいのか」 などの質問を記載した質問状を送付し、「各質問に個別に回答頂きたい」と明記したにもかかわらず、個別の質問には回答せず、「個別の質問について、回答に該当する箇所がないものについては、回答を差し控えさせていただいている」などとして、肝心のことには全く答えなかった。

しかもその上、当会会員が本名を名乗って質問したにもかかわらず、回答者名を記載せずに「阪急電鉄株式会社運輸部」とだけ記載して返答を返すなど、完全にふざけているとしか言えない対応をしているのである。(詳しくは当会HP「活動報告」内、2014月5月 阪急電鉄への質問状送付とその回答についての報告 を参照頂きたい)

「女性専用車両が痴漢対策である」というウソに気づく人が、少しでも増えることを願ってやまない。

情報元:阪急電鉄HP
http://www.hankyu.co.jp/files/upload/topics/150120takarazuka.pdf(現在はリンク切れ)

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました