埼玉西武社長「女性専用車両があるのだから(球場にも)女性専用席があったほうがいい」

埼玉西武の居郷肇社長が、埼玉県所沢市の西武ドームに女性専用の観客席の設置を検討する考えを示している。
これは居郷社長が去る11月28日に埼玉県庁を訪れた際、明らかにしたもの。

居郷社長は「ファンの声を聞きながら球場の改修などを行っている。(西武鉄道にも)女性専用車両があるのだから、球場にも(女性専用席やシートが)あった方がいい」と話したとのことだが、電車と球場の座席を同列に語るのは、あまりにも無茶苦茶というものではないだろうか?

電車の女性専用車両は一応、表向きは「痴漢対策」と称して実施されているが、球場に女性専用席を設置するのは明らかに、防犯対策ではなく、女性客の特権意識や、男性嫌いの女性の心理に訴えかけた、増収増益策である。

もっとも、公共交通機関である電車と異なり、球場の座席であるから、『公共の場において男性を男性であるというだけで・・・』とは言いにくいが、それでも敢えてこのニュースのコーナーで取り上げたのは、居郷社長が「鉄道に女性専用車両があるのだから、球場に女性専用席があっていい」などという趣旨の発言をしているからである。

これは、ひとたび「痴漢対策」という、もっともらしく聞こえる名目で女性専用車両が実施されれば、それが既成事実となり、その後は、全く緊急性がなく、防犯対策でも何でもない「女性専用」が、女性専用車両の存在を理由に鉄道以外の様々な分野にまでどんどん増やされていくという、典型的な「女性専用車両の弊害」の一種である。

そして当の女性専用車両も、導入当初「痴漢対策」を錦の御旗にして、半ばごり押しでどんどん導入されてきたが、実際には、ちょっと調べれば「実は痴漢対策ではない」というのがバレバレの代物である。

女性専用車両反対派としては、女性専用車両が、痴漢対策だとか弱者保護だとかいう表向きの「美名」に騙されず、これからも、「おかしいものはおかしい」と言っていかなければならないだろう。

情報元
http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/11/29/03.html

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました