JTBが女性専用車両限定広告

6月1日から、旅行業のJTBワールドバケーションズ西日本販売本部が、大阪市営地下鉄御堂筋線の女性専用車両の車体と車内に、女性専用車両限定広告を出している。

これは同社が展開している女性向け旅行商品「ルックJTB 女子旅つくるプロジェクト姫様」シリーズの車体広告を車体に施し、さらに車内にも御堂筋線沿線のJTB店舗や商品紹介の広告を出すというもの。

「女性専用車両に女性向け広告を出せば効果が高い」ということで、「女性専用車両限定広告」の広告主を募集している鉄道事業者が、大阪市交通局以外にも多数存在する。

また、当会HP内「専用車両調査結果」のコーナーでも紹介しているが、「女性専用車両限定広告」の広告料を一般車両よりもかなり割高に設定している鉄道事業者が存在することも分かっている。

このように、女性専用車両は表向き「痴漢対策」と言いつつ、実際には鉄道事業者の良い収入源となっているのである。

「同じ運賃を払えば誰でも公平に利用できる」というのが、公共交通の大原則である。それを「痴漢対策」と称して根底から覆し、しかも実際にはそれを収入源として使うなど、「公共交通機関として言語道断」と言われても仕方が無いのではないだろうか。

そして、そんなもののために同じ運賃を支払いながら、乗る車両を制限され(女性専用車両は任意協力といっても、事実上強制のようなもの)、しかもその上、「男が痴漢するからこんな車両が出来る。

全て男が悪い」などと言われる男性乗客の皆様には、「女性専用車両は痴漢対策だから仕方がない」と、思考停止してしまうのではなく、まずは「痴漢対策」という理由が本当なのかどうかをまず疑ってみて頂きたいところである。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました