札幌の女性専用バス、一部「終了」

JR北海道バスは、札幌周辺のいくつかの路線で女性専用バスを運行しているが、そのうち、緑ヶ丘団地東7:19発、新札幌駅行の女性専用バスの運行がこの4月のダイヤ改正で終了となった。

この女性専用バスは、2004年4月のダイヤ改正時に手稲方面から札幌駅への路線に設定され、その後、他路線にも拡大されたもの。

世間では、こうした施策は「痴漢対策」だと思われがちだが、導入当時のマスコミ報道によれば、JR北海道バスの女性社員が「女性が快適に利用できるバスを」ということでアイデアを出したもので、「車内での痴漢被害が深刻なため、やむを得ず設けられた」というものではないらしい。
実際、この路線バス、車内には化粧直し用の鏡を取り付け、また芳香剤で車内に青リンゴの香りを漂わせたりするなど、「女性優遇サービス」としての性格が強いものである。

女性専用バスの後に、男性も乗れるバスを続行で走らせているとはいうものの、同じ運賃を支払っているにもかかわらず、男女で乗れる車両の数や、受けられるサービス内容に差が出ることになる。公共交通機関において、このようなことをするのはいかがなものか。

今の日本には、この札幌の女性専用バス以外にも、集客のためと思われる女性専用サービスがある。そして、そのようなものが世間では「防犯対策」と思われているのが現状ではないだろうか。

情報元 JR北海道バスHP
http://www.jrhokkaidobus.com/news/20120401_03.html(現在はリンク切れ)

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました