2010年11月 関東本部:京王線 非協力乗車会の報告

当会関東本部では、2010年11月に京王線にて非協力乗車会を行いました。

以下、参加したメンバーからの報告です。


女性客が「オヤジと乗りたくない」と暴言

男性を突き飛ばして降りる女性客も

駅員は相変わらず「ご協力頂けませんか?」の一点張り

 「差別ネットワーク」と「男性差別を許さない市民の会」のメンバーは新宿南口での街宣後、「女性専用車両に反対する会」のメンバーと合流、京王線に向かった。

 ホームには、「女性専用車」のゾーンを示す看板が男性乗客のいく手を阻んでいる。これでは、普通の男性はまず、「女性専用車」(という名の一般車両)に乗れない。

 その結果、女権拡大・男性差別がどんどんエスカレートして、一部の女性客が善良な男性を不当に排除するようになり、それが原因でこれまでも幾度となくトラブルが発生した。

 もちろん、最大の原因は任意であるにもかかわらず、乗客に一切周知しない京王電鉄にある。

 「私ら」は、4人と2人の二手に分かれて乗車することにした。

 4人の先発隊の方は、一人の30歳前後の女性から「女性専用車両ですよ」と声掛けはあったが、「知っていますが、それが何か?」と返答すると、それまでだった。

 車内でも突き刺す視線はあったものの、他に直接声を掛けてくる女性はいなかった。

 先発隊が出発した後、マスターと私が、電車を待って並んでいたら、女性から声掛けされた。「任意なのだから、初対面の人にあえて声掛けすること自体、おかしいでしょ?」と言うと、渋い顔をしていたが、それ以上、何も言わなかった。

 乗ってからも、「ここは、女性専用車ですけど・・・」などと声掛けされた。「任意」だと説明しても、納得がいかない様子。

 別の女性が、後ろから、私の肩を叩き、何か言ってきたので、「赤の他人の肩を叩けば、暴行罪になることもありますよ」と言うと、「すみません」と言いつつ、不満気にしていた。

 しかし、事は、それで、終わらなかった。私らの前にいた年配の女性客が、「オヤジと乗りたくないから乗っている」などと暴言を吐いた。マスターが「私はオヤジじゃないからいいんですか?」と応酬したら、口をモゴモゴさせていた。

 その後も、「マナー」だの何だの、典型的な賛成派の屁理屈を並べていた。

 いつものように、こちらが論破すると、なぜか、ケラケラ笑っていた。

 明大前で、降りる女性が結構いるので、(邪魔にならないように)こちらも一端降りようか、としていたら、別の年配の女性客が、何と私を突き飛ばしながら、降りた。

 私は、とっさにその女性の腕を(軽く)つかみ、目の前にいた駅員に「突き飛ばされた」、「暴力を受けた」、「どうにかしろ」と言った。

 ところが、その駅員は、その女性に何するわけでもなく、「白線の内側に下がって」だの、この期に及んで、私らに「ご協力いただけませんか?」などとトンチンカンなことを言い、女性を逃してしまった。

 「降りて話を」などとふざけたことを言うので、その駅員を乗せて、車内でアレコレ言うことにした。

 まずは、その女性の暴行について抗議した。

しかし、駅員も警察官も、「女性に甘く、男性に厳しい」のは共通する体質のようである。

 逆に、男性がこんなこと(突き飛ばし)をしたら、大変なことになるに違いない。

 それから、京王の対応、会員がわざわざ本社に出向き、質問状を出したのに「梨の礫」という無責任ぶりを糾弾した。

「東急や阪急は回答した」と言ったら、「そうなんですか」などと言っていた。

 「駅員に文句を言うのはかわいそう」などという人がいるが、無責任な会社に勤めていたら、その責任を社員が負うのは仕方がない。

 「かわいそう」と言うのなら、会社の無責任をやめさせる以外にない。

 さて、女性乗客は、「男性が乗れる」と本当に知らないのか、それとも、知っていて声掛けしているのか、定かではない。

 しかし、「私ら」が説明しても、ウジウジ言うところをみると、「男性は(女性専用車に)乗らないのがマナー」などというありもしないマナーを信じているのだろう。

 知ってて男性を降ろすなら悪質、知らないで男性を降ろすのも過失、いずれも立派な犯罪(強要罪)である。

 とにかく、「女性専用車」内は、ワガママの温床、差別の温床である。常識が通じない世界である。

 「もっと、女性にやさしく応対したら」などという人もいるが、こんな不条理な車両内で「やさしく」なんかしていられない。

 と言うか、「私ら」は、一般女性には、とやかく言わないし、一度くらい声掛けしてくる女性にも、厳しくは言わない。

 こちらが説明しても、アレコレ言う、屁理屈を言う、「私ら」を降ろそうとすることをやめない、そういう女性に対して、あるいは、不適切な対応をする駅員や警備員に対して、厳しく叱責するだけである。

(報告者:「差別ネットワーク」代表・ドクター差別こと兼松)

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

活動履歴
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました