当会会員が名古屋市交通局で遭遇した事例(2)

仕事の出張で名古屋に来ていた当会関東本部の会員が、東山線で非協力乗車をしようとしたところ、
駅員が強硬にそれを阻止しようとして、会員の服の袖を引っぱるという事例がありました。
以下、その詳細(会員からの報告)です。


乗車電車: 18時9分名古屋発高畑行(車番:5419) 18時6分発が発車してしまったので仕方なく9分発の電車に乗ることにしました。警備員が立っているのかと思っていたら警備員の姿はなし。
代わりに女性専用車両から男性を排除する目的で立っているとも考えられる駅員がいました。 以下はおおよその内容 

会員:(国交省の回答を見せて)交通局さんは東山線で夕方の17時から21時まで女性専用車両を導入されているが、
国交省から「あくまでご協力のお願いである」との回答をもらっている。女性専用車両に対して協力する意思がないので
名古屋~八田まで男性として女性専用車両に乗車させていただく。

駅員:(しばらく沈黙のあと)いえ駄目です。

会員:なぜですか?駄目なら法的根拠を示してください。

駅員:みんなに協力してもらっている、意見があるなら駅長に言ってください。
会員:それじゃ駅長呼んできてください。法的根拠を示してください。

駅員:ルールなので・・・ 

このままやり合っていても電車が発車してしまうし・・・あまりのひどい対応に少し怒りが爆発した。
他の交通局(札幌・横浜・東京・大阪・神戸)や東急・相鉄・あの京王ですら「駄目です」とは言わないし、乗客の体に触れることもしない。
しかも都合が悪くなると「駅長に言ってくれ」やら「ルールですから」、「みんなも協力しているから」の一点張り。 

「ふざけるなっ!」と駅員に言って女性専用車両に乗り込もうとすると、駅員が僕の腕に触れて「駄目です」(力づくで強制排除というよりも形式上、私の腕を引っ張って、一応女性のために警備していますよというパフォーマンスに近かった。本気だったら即近くにあるSOS駅長室直通インターホンで呼びつけていたでしょう)。 

私は駅員の腕を振り払って、女性専用車両に乗車しました。

その駅員が、他の駅員や警備員、場合によっては鉄警隊に応援を要請し、八田までの間にもう一回トラブルがあるかと思いましたが
何もなく八田に到着しました。女性客からの声がけもなし。 名古屋以外の女性専用車両を導入していいる交通局は一応「任意」であることを認めている。
名古屋で女性専用車両が導入されているのが東山線のみであることから京阪神や関東のように専用車両絡みのトラブルがないせいなのか・・
現場の職員に「任意」ということがきちんと伝わっていないように思えます。

とにかく、関東や関西のように徹底抗戦していくしかなさそうです。名古屋市交通局・・・意外と厄介な相手になりそうです。今後も出張の機会があれば、また非協力乗車していきたいです。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

活動履歴
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました