2020年2月 関東本部:京王線 任意確認乗車会の報告

現在(2020年6月)、コロナウイルス感染症の流行に伴い、当会も活動自粛中ですが、HPの更新が長期間にわたって滞るのを避けるため、緊急事態宣言が出される前に行っていた乗車会の中から、まだHP上で紹介していなかったものを「蔵出し」の形で、活動報告として紹介いたします。

以下、その報告です。


声掛けは相変わらずの京王線

車掌が「障がい者手帳はお持ちですか」など、失礼な声掛けを連発

京王線 新宿→調布(先発)

新宿20:10発の、特急橋本行きに乗車しました。

やはり、発車前に車掌が肉声で専用車の案内放送をしていました。

明大前で一旦降り、次に明大前20:25発特急京王八王子行きに乗車しました。

最後尾の扉から乗車したところ、また放送で専用車の案内をしたあと、ホームから、私の鞄を眺めてから、「あの、失礼ですが、障害をお持ちですか?」と、本当に大変失礼なことを聞いてきました。

恐らく私が、「ヘルプマーク」を付けているかを見ていたのでしょうか。
しかしそれ以前に声かけ自体が失礼です。

そこで、「そんなことは聞かないほうがいいですよ。大変失礼です。聞くのなら、全員に聞きなさい。」と一蹴しておきました。

女性専用車両という名前になっていますが、実際は障がい者云々以前に「性別に関わらず誰でも乗れる一般車両」です。
本当に、男性を男性というだけで排除する車両など、今の日本国憲法下では作れません。

だからこそ、法的なことや差別云々について言われたときに、言い逃れができるよう、建前上「任意協力」ということにしているわけです。

そしてそのことを隠しながら、名前だけ「女性専用」にして、乗客をだます形で男性が乗らないようにして「男性の乗客が自発的に協力してくださっているだけだから、問題ない」ということにしているわけです。

どうやら京王は、女性専用車両が「女性専用という名前がついていても、実は任意協力で、性別に関係なく誰でも乗れる(=女性専用という表示は虚偽)」という事実を完全に「なかったこと」にしてしまおうとしているようですね(怒)。

調布に到着後、再度乗車するため、一旦新宿まで戻りました。

京王線 新宿→調布(後発)

新宿21:19発、特急京王八王子行きに乗車したところ、車掌が先ほど(の列車の車掌)にも増してさらに失礼なことを聞いてきました。

「手帳はお持ちですか?」

「何の手帳ですか?」

以降のやり取りは下記の動画をご覧ください。

いきなり「手帳をお持ちですか?」はないでしょう。

それも個別にです。失礼極まりありません。

もちろん、もしも障がい者手帳等を持っていたからといって、(障がい者割引乗車券を購入するとき以外)提示する必要はありません。

なぜならば、「女性専用車という名前がついているだけの、誰でも乗れる車両」でしかないからです。

車掌が不適切な声かけをすることで、横にいた女性客が勘違いし、私らを「変な人」などと侮辱してきました。

しかも、不適切な対応に対して「お疲れ様です」というのは、完全に図に乗っています(怒)。

このため、後発では途中で降りることはせず、このまま乗務区があり車掌が交代する(しない場合もあり)高幡不動まで行き、乗務を終えた車掌にみっちりと抗議(講義)し、帰りには調布駅詰所にも寄り、抗議(講義)しました。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

活動履歴
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました