カテゴリートップ - トップページ

2017年8月 関東本部・京王線
任意確認乗車会の報告

当会関東本部では8月4日に京王線で任意確認乗車会を行いました。
以下、その報告です。


「実は男性も乗れる」と言わない車掌
女性専用車は、「実は専用ではなく任意」だと知らないのか?

京王新宿〜明大前

京王新宿21:20発 特急京王八王子行きに乗車。

京王新宿駅の看板。
今回、この看板についても、調布駅で抗議した。



発車前、小林車掌が肉声で”女性専用車の案内”をしたので、一旦降りて、こちらから車掌に、「健康な男性は乗れるのか?」と聞いたら、車掌は「基本は乗ってはいけないという形にはなっている」と回答した。

実際には京王に限らず、どこの鉄道事業者でも、女性専用車両は「専用」という名前であっても、本当は任意協力であり、誰でも乗れる(実は専用ではない)ということになっていたはず。そこで、そのことを車掌に問い質したら、「確認する」と言って列車無線で何処かへ連絡をとって、またこちらに向き直り、「乗っていただいていいんで!」とぶっきらぼうに回答し、乗務員室の扉を閉めた。

もちろん、そんな返答では納得できるわけがないので、窓が空いている反対側の乗務員室に行き、車掌に、なぜ1分も経たずに回答が180度変わったのかを問い質した。すると、乗務員室の扉を開けて、今度は突然「申し訳ありませんでした!」と90度頭を下げて、再度「乗っていただいていいんで!」と言われた。




納得はできなかったが、埒が明かないので、女性専用車に乗車。車内では特にトラブルはなく明大前に到着した。
明大前では一旦降りて、後続の電車に乗る(当会で言う、自由が丘作戦)ことにした。

自由が丘作戦とは、任意周知を少しでも多く行えるよう、目的地に着くまでの途中の駅で一旦下車し、後続の列車に乗り換えることである。当会や差別ネットワークのメンバーが、東急東横線の自由が丘駅でこれをよくやっていたことから、この名前がついた。


明大前〜調布

しばらくして、後続の明大前21:35発 準特急京王八王子行きが到着。

私達が乗車すると、大野車掌が、これみよがしに肉声で”女性専用車の案内”をしたので、車掌に「私(男性)は乗れるのか乗れないのか」と聞いたが、曖昧な返答しかしないので、「乗れる」か「乗れない」か、2択の回答を求めたところ、今度はそれに回答せず、私への対応を振り切って、車内に乗り込み、既に乗車している他の会員の腕に触れて降車を求めた。
これは”乗れない”と言う意味の行動ではないのか?

それに抗議したら、車掌は「お客様対応」と称して、列車無線で駅員2名を呼び、電車を止めて対応させた。
駅員が対応に来るまでの間、「車掌なのに、(男性が)乗れるか乗れないか判断できないのか?」と問い詰めたら、大野車掌は「はい(=判断できない)」と言った。

結局、お客様対応に来た駅員の一人に改めて、「女性専用車に男性は乗れるか乗れないか」を聞いたら、結局、「ご乗車いただけます」と回答したので私達は乗車し、電車は発車したが、定刻から発車が数分遅れた。

発車後、今度は近くにいた女性客が私達に侮辱暴言・罵詈雑言を吐いてきたので、それに抗弁していたら、間もなく千歳烏山に到着。
千歳烏山では駅員数名(名前までは未確認)が待機していた。
その駅員らに、女性客の1人が私達を降ろすように要請し、また侮辱暴言・罵詈雑言を行ってきたが、駅員は私達に女性専用車への”協力”は求めて来ず。
私達がその女性客に抗弁している間、車掌は電車を発車させなかったため、また発車が数分遅れ、合わせて5〜10分程度の遅延となった。

千歳烏山を発車してからは”主犯格”の女性客がいなくなったため、女性客からの侮辱暴言・罵詈雑言はなくなった。





そのまま、調布に着いたら、また駅員が待機していたので、その駅員(調布駅の助役)にこれまでの出来事を話し、駅務室に行き、本日の出来事(主に車掌の対応の問題)を抗弁し、強く改善要望した。


調布駅にて助役に抗議(講義)した内容

@新宿駅での小林車掌の応対について
「男性は基本は乗ってはいけないという形にはなっている。」という発言と、車掌が列車無線で対応後「乗っていただいていいんで!」と180度案内が変わったにも関わらず、その説明を求めても説明せず、見せかけだけの謝罪をして、ぶっきらぼうな態度を取ったことは、お客様対応するものとして大変失礼な行為であるとして抗議した。

A明大前での大野車掌について
車掌であるにもかかわらず、お客様が「乗れるか乗れないか」を聞いても回答出来ず、こちらがたまりかねて「車掌なのに乗客が乗れるか乗れないか判断できないのか?」と聞いたら、(判断できないの意味で)「はい」と回答した問題と、車掌が既に乗車しているメンバーに車内に乗り込んで、腕に触れて降車させようとしたことは、もはや強制という意味の行動になる(暴行罪にもなりかねない)ので絶対にやめるようにと要望した。

B女性客への対応について
千歳烏山で1人の女性客が私達を排除しようと、私達に暴言を吐きながら、車掌や駅員にも詰め寄ったにも関わらず、その女性客を咎めたり、「実は男性も乗れる」ことの説明をしなかったことについて抗議した。

C電車が2度に渡って発車遅延した件
明大前で大野車掌が「女性専用車に男性も乗れる」と回答しなかった(出来なかった)こと及び、大野車掌が会員の腕に触り、強制降車させようとしたせいで発車遅延したこと。
また、千歳烏山では京王の、「女性専用車に男性も乗れる」という事実の周知不足で、女性が「男性乗車禁止」と勘違いをして車掌と駅員に詰め寄ったこと、さらに、それでも車掌や駅員が女性客に、「女性専用車に男性も乗れる」という事実を説明しなかったために、話が終わらず電車遅延したことについて抗議した。

D女性客とのトラブルについて
女性客とのトラブルの原因は車掌や駅員が女性客に正しい案内ができていないことであるため、女性専用車に男性も乗る場合があるという事実を女性客にも周知するべきと申し入れた。

Eその他
・『ここから先、女性専用車両』の立て看板撤去の要望
(通路に立っているため通行の邪魔になっているし、他社ではそんなことしていないことも話した)

・末端への教育を徹底してほしい。
(他社ではもう「乗れない」なんて言う駅員はいないことも話した)

女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

カテゴリートップ - トップページ