京王が車内監視カメラを設置

関東の京王電鉄が、痴漢対策として車内監視カメラの設置を行うことを決めた。2月28日よりまずは1編成に設置し、3月下旬にはカメラ設置列車をもう1編成増やして様子を見るとのこと。
監視カメラ設置は、09年に設置したJR埼京線に続き、2例目となる。

京王電鉄は2005年に、それまで深夜の下り列車のみに設置していた女性専用車両を、朝ラッシュ時の上り・夕方18時以降の下りにも拡大したが、拡大前の2004年には121件だった痴漢件数が、拡大後の2005年には146件に増加し、それが2006年8月8日の朝日新聞で報道された。

一方、すでに監視カメラを設置したJR埼京線では、警察庁のまとめによると、カメラ設置後に痴漢被害が約6割減った。

これらのことから、痴漢対策としてどちらが有効であるかは言うまでもないが、女性専用車両の問題はそれだけではない。

公共交通機関においては、「同じ運賃を支払えば、誰でも公平に利用できる」というのが大原則であるが、女性専用車両はそれに真っ向から反する根本的な問題を含んだものであり、本来、公共交通においてこのようなものを設置するべきではないのである。

今後は、監視カメラを設置していくだけではなく、男性客に対する不当な差別扱いである女性専用車の廃止も並行して進めていくべきであろう。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

ニュース
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました