2022年6月 関東本部:京王線任意確認乗車会

当会関東本部では、2022年6月3日に夕方~夜間の京王線で任意確認乗車会を行いました。

京王の女性専用車は京王新宿~調布の間の設定でそこから先は解除になる(下りの場合)ので、1日乗車券を購入の上、京王新宿と調布の間で4回にわたって乗車しました。

途中、私達を乗車させないために車内から押し返そうとする女性客がいたり、しつこく女性専用車アナウンスをする車掌に抗議したらタメ口で対応してきたりと、いろいろなことがありました。

以下その報告です。


京王新宿~調布間、4往復

車内から会員を押し乗車を妨害しようとする女性客や、ため口車掌。他にもいろいろ・・・

京王新宿~調布(1回目)

今回は京王新宿駅18:00集合。

そろそろ夕方のラッシュが始まる時間で、改札口付近ではたくさんの人々が行き交っていた。

18時前の京王新宿駅改札前

集合時刻の10分前くらいから会員達が続々と集まりはじめた。

18時までに参加予定者が全員揃ったので、私達は1日乗車券を購入の上、京王新宿18:08発の特急に乗車するために改札口から入りホームへと降りた。

京王線・井の頭線一日乗車券
京王新宿駅ホームに降りると人がいっぱい

ホームには既に列車が入線しており、乗車を待つ乗客がホームに並んでいた。

間もなく発車時間のため、私達も列の最後尾に並んで乗車を待つことにした。

女性専用車位置に並ぶ

しばらくして列車のドアが開き、並んでいた乗客の後ろについて行くように私達も乗車しようとしたところ、列の後ろに並んでいた女性客が「女性専用車!」と隣の車両を指さすので会員各自次々に

「協力する義務はありません」

「お断りします」

と返し、乗車した。

車内はこれからラッシュに入る時間帯とあって結構混んでいたが、まだ押し合いへし合いする程にはなっていなかった。

やがて発車時刻になり、列車は京王新宿駅を発車。

長い地下トンネルを抜け地上に上がるとすぐ次の停車駅笹塚に到着。

ここからさらに乗車してきて、車内はかなりの混雑に。

笹塚を発車すると、代田橋を通過して次は明大前である。

明大前で一旦下車して、後続の18:19発京王八王子行きの特急に乗り換えることにした。

明大前で一旦下車。辺りはまだ明るい

しばらく経つと、後続の京王八王子行きの特急がやってきた。この特急もかなり混雑している。

私達が乗り込んだところ、車内にいた女性客が中から1人の会員の体を押して、乗車させないようにしてきた。

そのため閉まる列車のドアに会員のカバンが挟まり、なかなか発車出来ない。

何度かドアを開け閉めしてようやく発車。押された会員はここでひとこと言ってやろうかとも思ったが、当会内部のルール

「他の乗客が話しかけて来ない限り、こちらからは話しかけない」

があるので、その場は何も言わずに済ませたとのこと。

もしこの時女性客が押すだけでなく、何か言って来たらトラブルになっていたかもしれない。

明大前の次の停車駅、千歳烏山でややまとまった降車があり、少し混雑が緩和された。

やがて、国領駅の手前から地下に潜り国領・布田を通過して調布に到着。

下りの女性専用車は調布までなので、私達もここで全員下車した。

調布では多数の乗客が下車した

すぐに上りの特急(女性専用車の設定なし)で京王新宿まで引き返したのだが、その車内で先ほどの任意確認乗車について話をした。

ある会員によると、先ほど明大前駅で会員を後ろから押して乗せないようにしてきた女性客の他にも、会員の近くで「気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い・・・」と、念仏を唱えるようにひたすらブツブツ言い続けていた女性客もいたらしい。

まあ、私達の任意確認乗車に対する非難のつもりだろうが、こんなことを至近距離からブツブツ言ってくるほうがはっきり言って気持ち悪いと思う。

京王新宿~調布(2回目)

2回目は京王新宿から19:09発橋本行きの特急に乗車することにした。

先ほどは全員まとまって乗車したが、今度は数人ずつ3つのグループに分かれてそれぞれ別のドアから乗車した。

2回目は京王新宿19:09発に乗車

車内はラッシュ時ということもあり、かなりの混雑だ。

京王新宿停車中に車掌が女性専用車アナウンスを2度に渡って流した。妙にしつこい。

私達が乗車しているからだろうか?

ご存知の方も多いと思うが、京王の女性専用車は最後尾の車両(下りの場合)で、車掌が乗っている車両でもある。

京王新宿発車後にも念入りな女性専用車アナウンスが車掌の肉声で流された。

さらに笹塚到着前と発車直後にもそれぞれやはりかなり念押しに女性専用車アナウンスが流された。

「これは私達が乗っているのを意識して、わざとしつこくしているな?」と思っていたら、明大前到着前にも

「この電車の一番後ろの一両、10号車は調布まで女性専用車です」
「一番後ろの一両、10号車は、調 布 ま で女性専用車です。ご協力お願いします」

と、繰り返しで「調布まで」を強調し、念押しにアナウンスしてきたので、これは私達を意識してのものと判断。

明大前で全員下車してすぐ車掌に抗議することにした。(以下の動画は、明大前到着前~明大前駅での抗議の模様である)

明大到着前~明大前駅での抗議

明大前では停車時間がわずかのため、抗議するにも手早く行う必要がある。

そのためメンバーが車掌のもとに直行した。

以下、明大前駅での抗議のやり取り。

なお、上の動画では拾っていない音声(発言)もあるが、これは複数の会員が各自録音していたものをもとに文字起こししたためである。

会員A:あの、あんまり女性専用車ってのあんまり何回も言っちゃうと勘違いする人がいるから、やめてくれる?

男性が乗る場合がありますって客に言ってくれないとさ・・・

T車掌:あ、すみません。

会員B:・・・しつこいんだよ

会員A:男性が乗る場合があるって言ってくれないと・・・

T車掌:あ、わかったわかった、うん。

会員B:何が「わかったわかった」だよ。

T車掌:じゃ伝えとくね、すみません。

会員A:勘違いして文句言ってくる人いるから・・・

だからやめてね。男性乗る場合があるって言ってくれないと困るよ。

T車掌:乗る場合がありますって、こっちでは言えないな。ごめんね。

会員:ため口? ごめんね?・・・ため口? ・・・こりゃびっくりだな。

T車掌:伝えときますね。

会員A:後で(本社に)伝えておきますね、こういうこと言われたよって・・・全部伝えておきますね。

(ここで列車が発車)

会員C:ため口かよ・・・

T車掌

こちらからもため口で話しかけはしたが、車掌がため口で対応してくるとは思わなかったので少々驚いた。私達のことをクレーマー扱いしたつもりだったのだろうか?

私達はこの後やってきた後続の特急に乗車。こちらもかなり混雑していた。

次の停車駅、千歳烏山で降りる人を通すため、一旦ホームに降りて再度乗り込もうとしたところ、車内にいた女性客が「女性専用車」と言って来たので例によって

「知ってます」

「協力する義務はありません」

と返した。

その後は特に何もなく、調布に到着。

京王新宿~調布(3回目)

京王新宿に戻るとホームにALSOKの警備ロボットがいた。

いつもホームに居るわけではなく、時間帯限定のようだ。

京王新宿駅の警備ロボット

私達は、京王新宿20:08発の急行に乗車することにした。

先ほど(2回目)は参加者が3つのグループに分かれて乗車したが、今度は会員の組み合わせを替えてやはり2人ずつ、3つのグループに分かれて乗車した。

車内はそれほど混んでおらず、立ち客がパラパラと居る程度。

最ラッシュ時は過ぎたせいか、先ほどの18時台19時台の特急に比べるとかなり空いている。

発車時刻近くになって乗車してきた女性客が「ここ女性専用車!?」とやや大きな声を出したので、車内の視線が一瞬そちらに集まった。

私達に対する声かけかと思ったが、どうやら乗り込んだ瞬間に私達の姿を見て驚き、思わず声を発したらしい。

その後ほどなくして列車は京王新宿を発車した。

車内では特に何もなく笹塚を過ぎ、明大前に到着。

今回もここで全員降りて後続の特急に乗り換えることにした。

ホームで待っているとすぐに後続の橋本行き特急がやってきた。

こちらも先ほどの急行同様、それほど混んでいない。

明大前に到着した後続の特急

私達が乗り込むと、車掌の肉声で「この列車の最後尾10号車は調布まで・・・」と、女性専用車アナウンスが明大前停車中と発車直後の2回流された。

先ほど(2回目)の時の車掌もアナウンスがしつこかったが、この車掌も結構アナウンスがしつこい。

私達が乗っているのを見たからだろうか?

もちろん何回アナウンスしたところで私達は目的地まではこの車両に乗車するが…

結局この後は特に何もなく調布に到着し、3回目は終了した。

京王新宿~調布(4回目)

またまた京王新宿に戻って来た私達は21:08発京王八王子行き急行に乗車した。

今度は全員一緒に女性専用車の一番後ろのドア(つまり、車掌の目の前)から乗車した。

またしつこく女性専用車アナウンスをしてくるかと思いきや、この車掌は専用車アナウンスはしてこなかった。

車内は先ほど(3回目)の時と同様、それほど混んでいない。

そのまま京王新宿を発車して私たちは全員明大前で一旦下車した。

ホームで後続の特急を待っていると、向こうから警備員らしき人物がこちらに向かって歩いてきて女性専用車位置までやってきた。

車内アナウンスでは移動しないから今度は警備員が見張りに来たのか?

すぐに後続の特急がやって来たので私達は女性専用車に乗車したが、警備員は特に何も言って来なかった。

また私達について乗車してくることもなかった。何のために来たのだろう?

ホームに立つ警備員を見送りながら、明大前を発車。

警備員が来たものの、結局4回目はそれ以外特に何事もなく調布に到着。

乗車会としてはここで終了とした。

この後、一部メンバーで新宿まで引き返し、一緒に食事などをした後解散した。

※この記事にはコメントをつけることが出来ます。もしよろしければコメントをいただければ幸いです。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

活動履歴
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました