2010年4月 関東本部:JR京浜東北線 非協力乗車会の報告(その2)

※乗車区間(蒲田→赤羽→東京)

当会関東本部では、2010年4月にJR京浜東北線にて非協力乗車会を行いました。

以下、関東本部非協力乗車会に参加したメンバーからの報告です。


●4月23日の報告

女性客が3名、文句を言う

駅員や警備員が執拗に男性客を排除していたことが原因

今回は蒲田からの乗車でしたが、会員の1名が横浜発7:03の電車の女性専用車両に乗車したところ、鶴見の駅員が「声掛けがしつこい」との事でした。

蒲田駅の様子
女性専用車両付近に大量に駅員と警備員を動員し、男性客を実質強制的に排除している。
男性客を排除した3号車はガラガラ。隣の車両は混雑している。

私は蒲田駅に早目に到着して最初の設定列車である蒲田7:20発の始発電車の様子を見ていると、駅員と警備員が「3号車は女性専用車両となっております」と執拗に連呼していました。

メンバーが合流し、蒲田7:28発の始発電車に乗ったのですが、ラッシュのピーク前なので、ぎゅうぎゅう詰めという程ではありません。

警備員が男女連れを3号車から追い出す様子を見て、メンバーの1人は「あのアベックが乗れないのか?おかしいなぁ・・・」とつぶやきました。

そこへ、後から乗車した女性客が「ここ女性専用車なんですけど」と来るので、私が「男性の乗車は法律で禁止されてはいませんし、こういうのは男女平等に反すると思わないんですか?」と返したら、それっきり何も言わない。

そうこうしている間に蒲田を発車しました。

大森駅でしつこく声掛けする警備員

大森と大井町では、3号車の乗車位置に警備員がいました。

警備員:「この車両は女性専用車です。ご協力を・・・」

私:「男性の乗車は法律で禁止されているんですか?差別と思わないんですか?
  しつこいとストーカー、付きまとい、あるいは警備業法違反で訴えますよ(●)

大井町発車後、座っている女性客が立ち上がって
「すみません、あの、皆さんちょっと迷惑してるんで、黙ってもらえますか」
と詰め寄って来ました。

私たちは紳士的な口調で、

私:「『迷惑』ってどういう事ですか?」

会員:「この程度の喋り方で『黙って』なの?こんな小さな声で喋っているんだよ。(この程度で文句を言うのは)おかしいんじゃないの?」

言うと、女性客は黙り込みました。

赤羽駅の京浜東北線ホームへ向かう階段。しつこいほどポスターを貼りまくっている。
この階段を上がったすぐのところに女性専用車両が停車する。

この後、赤羽で他のメンバーと合流し(蒲田から乗った電車は品川で専用車解除)、東京まで乗車しました。

赤羽駅では「任意性を全然告知していないじゃないか」と駅員に抗議しました。

上野に到着すると、「車内点検」という事で、山手線も京浜東北線も暫く停車しました。

その際、京浜東北線が先に出発するかと思った乗客が乗り込み、3号車にも私たち以外に男性客が多数乗ってきました。

その様子を見ていた駅員や警備員が大勢(5~6人)いて、「結構男性が乗ってるんですね・・・。しょうがないな。」と、どこかに連絡していました。

そして、輸送主任と営業統括が、私を見るなり「こちらは女性専用車両になりますのでご協力をお願いします」と来るので、「男性の乗車が法律で禁止されているんですか?男女平等に反しますよ。

どの車両に乗ろうと自由じゃありませんか?

しつこく付きまとうんでしたら、法的措置を取りますよ」と抗議しました。

また、上野駅の警備員が暴力(※)を振るってきたのです。

上記の通り抗議している駅員に別な会員が近づいたところ、警備員はその会員を駅員に近づけまいと、肩を押して排除したのです。

その後、赤羽駅同様に「任意性を全然告知していないじゃないか」と抗議しました。

程なくして山手線が先に発車するので乗客は「大移動」し、京浜東北線はガラ空きになりました。

その際、女性客が「(女性専用車両に乗るのは)どういうつもりなんですか?」と文句を言うので、「どこの車両に乗ろうと自由じゃありませんか?

差別ですよ、こんなの。

貴方の言い分の方がおかしいですよ」と(あくまでも私は紳士的に)言い返しました。

さらに、「車内点検って何の事ですか?『私達が降りろ』という命令ですか?」などと駅員に抗議しました。

「女性専用」という偽装表示を用いて、駅員や警備員が執拗に声掛けをしたことにより、女性客は「男性乗車禁止」と思い込んで私たちに注意してくるのです。

これは、「任意」・「男性も自由に乗れる」という正しい事実を周知しない鉄道会社の責任です。

4月19日(導入初日)の報告はこちら

(●)警備員が女性専用車両から男性客を執拗に排除する行為は、警備業法15条に違反する違法行為である。
(※)法律上の「暴力(暴行)」というのは、かなり厳しく、「肩を叩いた」だけでも「暴行罪」(刑法208条)に問われる場合がある。

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

活動履歴
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました