当会会員が名古屋市交通局で遭遇した事例(1)

名古屋の当会会員が東山線で自主的に非協力乗車していた際、途中の栄駅で駅員が車内に乗り込んで来て、
執拗に降車するよう言ってくるという事例がありました。
以下、その詳細(会員からの報告)です。


今日夕方に東山線に非協力(抗議)乗車し、駅員との言い合いになったので報告します。
乗車駅は名古屋。17時25分発 藤が丘行き電車は1本しかないN1000系。

駅員らへの事前の布告はせず、単独で乗り込みました。
座席はほぼ埋まり、立っている乗客もそこそこいました。僕以外は全員女性です。

名古屋駅を出発、『東山線の女性専用車両は平日の午前9時までと…』という自動放送が流れ、続いて車掌による
『お知らせします。ただ今の時間、前から4両目の車両は女性専用車両となっております。皆様のご理解と…』
というアナウンスも流れました。

しかし何事もなく次の伏見に到着、座席が空いたので僕も着席。進行方向右側、7人掛けの1番端です。
続く栄に到着、右側の扉が開いて乗降が済んだ頃。

駅員:女性専用車両です。移ってください。
会員:任意ですよね?
駅員:任意とかじゃなくて、隣の車両に移ってください。

会員:強制なんですか。
駅員:いえ周りのお客様のご迷惑になりますから移ってください。
会員:僕何もしてませんけど。ただ座ってるだけで何故迷惑に?
駅員:何もしないとかそういうのではなくて、あってからでは困るんです。


この辺りで扉閉まる。駅員はそのまま乗車。車掌の専用車放送も流れる。
車内の空気は緊迫。駅員とのやり取りが響く。

駅員:女性専用ですから。隣の車両に移動してください。
会員:だから任意ですよね。強制ではないですよね。
駅員:周りのお客様の迷惑になります。何かがあってからでは駄目なんです。


何度も『移って下さい』と強調。

会員:次で降りますけどね、どこに乗ってもいいじゃないですか。
駅員:ですから女性専用ですので…

と、一旦降りることに。そして降りたホームで話し合い。

駅員:今回はこうして降りて頂きましたけどね、次からは隣の車両に乗って下さい。
会員:元々こんな車両がある事自体がおかしいじゃないですか。
駅員:おかしくないです。女性のお客様が安心してご乗車いただけるようにと
会員:この車両がないと安心できないんですか?
駅員:実際そういう方(痴漢)がいますので…
会員:だったら鉄道警察とかあなた方の巡回を増やすとかすればいいじゃないですか。
駅員:ですがアンケートでも多数の客様が賛成…
会員:賛成多数なら差別してもいいんですか?
駅員:確かにお客様のようなご意見も頂きますが、女性の客様の…

会員:他の車両にも女性が乗ってて、そこで痴漢や冤罪が発生するかも知れないじゃないですか。

・・・・中略・・・・

駅員:私もお客様の言っている事は分かります。今回私も行き過ぎた点がございました。申し訳ありませんでした
今回このようなご意見を頂いたことは上にも報告いたしますので。
担当いたしました私は●●と申します。何かございましたらご連絡下さい

投稿フッター

女性専用車両に反対する会では新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。
女性専用車両について疑問に思っておられる方や不満に思っておられる方はぜひ当会にお越しください。

入会申し込みフォーム よりお待ちしております。

活動履歴
シェアする
女性専用車両に反対する会

以下のコメント欄では当会会員以外も、どなた様でもコメントができます。

なお、当会にご意見を求められている内容の場合には当会はコメント欄での返信は行わず、別途「ご意見・体験談の紹介」のページで当会公式の返信として掲載させていただく場合がございますことをご承知おきください。

0 Comments
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
タイトルとURLをコピーしました